2017年11月19日 (日)

伝統芸

まつこです。

向島の料亭なんて足を踏み入れたことのない世界。そこで開かれる「女性による伝統芸能の伝承」というイベントに誘ってもらったので、興味津々で出かけてみました。

Dsc_1399
[「桜茶ヤ」という名前の料亭です]

地唄舞、義太夫、座敷芸、新内流しなど、日頃はまったく馴染みのない伝統芸能を鑑賞し、お料理をいただくという会でした。

演し物はよくわからないなりに楽しめたものの、つらかったのは正座。ふっくらした座布団の上とはいえ、食事とあわせて3時間近くの正座は難業苦行でした。どうせなら気分をもりあげようと、着慣れない着物など着て行ったせいで足を崩すこともできず・・・。

Photo
[真ん中にいるのは幇間、いわゆる太鼓持ちの櫻川七好さん。屏風芸やかっぽれを披露してくれました]

いっしょに行ったぽにょは雨天のため和装はあっさりとあきらめ、スカートの下で膝をくずして楽勝。立とうとしても立てずにジタバタする私を、同情しながら笑って見下ろしていました。

このたびの教訓、「正座も伝統芸、修行が必要」です。

2017年11月11日 (土)

今週のギンレイ(3) La La Land

まつこです。

ギンレイパスポート使用3回目はLa La Land。輝けるショービジネスの都Tinsel Townで明日を夢見る若者たちの恋。文句なしの娯楽映画です。⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

Lalaland585c617a5f650
[歌って、踊れて、ピアノも弾けるライアン・ゴズリング]

私は前に飛行機の中で見てしまっていました。そのちょっと切ない結末を知りながら再度見ると、若さが弾けるばかりの冒頭の場面から、早くもちょっとセンチな気分になり、二人が恋に落ちる頃には鼻の奥がツーンとなり、エピローグでは涙がポロリ。

うめぞうもウルっとしているんじゃないかと思い映画館を出たところで聞いてみると・・・。

うめぞう:「僕はカントの『純粋理性批判』のこと考えながら見ていたよ。人間の自由意志をどうとらえるかの問題だね。」
まつこ:「はあ〜、うめぞう、なに言ってるの???」
うめぞう:「人生を自らの自由な意思で選んだのか、自らの力ではどうにもならない運命と考えるのかの問題だけど、目の前の幸せをあえて選ばないこともカントのいう自由意志なんだ。それに対し決定論は・・・」

うめぞう、お得意の哲学講義が始まってしまいました。しばらくしゃべらせたあとで「でも、うめぞう、ちょっとグッときたんだじゃない?」と聞いてみると、「うん・・・あのピアニスト、かわいそう・・・」としょんぼりした顔をしています。

ははーん、うめぞう、La La Landの結末の切なさに心ふるえ、その涙をこらえるため、カントの自由意志と決定論についての議論を披瀝していたようです。夫婦とも年とって、だんだん涙腺がゆるくなってきています。映画よかったわね〜と、ハンカチで目元をおさえるおばあちゃんと、小難しげな批評で涙をごまかすおじいちゃんに、なりかけているようです。

Photo_2
[パリから進出してきたSacree Fleur]

ギンレイで映画見たあとは、神楽坂で食事をするというのが定番のコース。今回はステーキ屋のサクレ・フルール。

Dsc_1328
[これは150グラム]

メインのメニューはほぼステーク・フリットだけのこのお店。ステーキは150グラムか300グラムかを選べます。お肉大好きな私たちは、二人とも150グラムずつだとちと足りない。部位の異なる150グラムと300グラムをひとつずつ取って分け合うのがちょうど良い。

Dsc_1013
[これが300グラム]

たっぷりお肉を食べると、老け込むにはまだまだ早いわ、という気分になってきます。

2017年11月 4日 (土)

母の誕生日

まつこです。

秋らしい青空がようやく続くようになりました。

Dsc_1319
[ススキと紅葉とで通勤経路も秋景色]

11月1日は母の誕生日。今年の誕生日は迎えられないかも・・・と思っていましたが、老人ホームの手厚い介護に支えられて、細々とした命を母はつなぐことができました。

誕生日といっても祝うという感じではなく、ベッドに横たわった母を弟と二人でじっと見つめるだけ。なにひとつできることがなくても、時折、こうして母を訪ねるのは、おそらく自分たち自身のためなのでしょう。

食事でもしようということになり、二人でお好み焼き屋に行きました。「せっかくだから大阪らしいものが食べたい。お好み焼き行ってみたい」という私のリクエストです。弟は怪訝な顔で「お好み焼きなんて食べるの?」と、何度も聞き返しました。

Dsc_1334
[牛すじのお好み焼き]

母は子供の食べるものにこだわり、縁日の屋台で食べ物を買うなんて絶対に許してくれませんでした。

「縁日の焼きそば、食べたかったよね〜」
「お好み焼きも食べたことなかったね」
「りんご飴、うらやましかった〜」
「綿菓子だってダメだったもんね」
「僕なんかたこ焼きはタコを焼いたものだとずっと思ってたもん」

教師の家庭にありがちな、ストリートフードやジャンクフードに対する偏見がしっかり植え付けられてしまった私たち。弟は自分の姉がお好み焼きを食べる姿を想像すらできない。

「あの教育って、やっぱり間違えてたんじゃないかな」
「そうだよね。他の子たちから浮いてたよね、私たち・・・」

祝日をつぶして大阪まで日帰りででかけ、お好み焼きつつきながら弟と思い出話で盛り上がりました。こうして私たちが元気でいることが、命の終わりを迎えようとしている母にとっては、唯一の誕生祝いかもしれません。

Dsc_1338
[夕暮れ時の富士山]

次回はぜひカレーうどんを食べたい、と弟に告げて東京に戻りました。日の暮れかかった富士山を眺めながら、このままの時間がもうしばらく続いてほしいと、そんな気持ちになりました。


2017年10月29日 (日)

ギンレイ・シネマ・パスポート

まつこです。

9月、10月はとりわけ忙しく、あっというまに過ぎてしまいました。

5時半起床
7時出勤
20時に帰宅

という規則正しい毎日。もはや家事は90%うめぞうの担当。朝、出かけるときも、夜、帰宅したときも、目にするのはエプロン姿のうめぞうです。

たまには女房(?)にサービスしないといけないと思いたって買ったのはこれ。

Dsc_1313
[ペアカード、19400円で1年間二人で見放題]

飯田橋の名画座ギンレイホールのメンバーカードです。見たい映画があっても、忙しいとついつい見そびれてしまいます。でも1年有効のメンバーシップを買うと、見れば見るほどおトク。
忙しくても見なきゃソンという心理が働いて、隙間の時間をぬって足を運ぶことに。

で、私たちが最近見たのはイギリス映画『マイ・ビューティフル・ガーデン』とイタリア映画『大人の事情』の2本。

Main1
[『ダウントン・アビー』のシビル役のジェシカ・ブラウン・フィンドレーはうめぞうのお気に入り]

荒れ果てた庭が手入れされて次第に美しくなり、やがて内向的なヒロインの人生が輝き始める。大人のためのチャーミングな童話でした。

様々な植物が一見、雑多に植えられているようで、その無秩序の中に自然な調和を見出すガーデニングがいかにもイギリス。

☆☆☆☆

Ce0d9135a1359af5
[私のスマホは秘密ゼロ。忙しすぎて事情も情事もあったもんじゃない・・・]

ホーム・パーティに集まった7人がスマホを見せ合うゲームを始めたら、次々と出てくる秘密の数々。仲よさそうだった3組の夫婦+1人の仲良しの人間関係がボロボロに崩壊。

ほとんど全員が浮気しているのがいかにもイタリア映画。さんざん派手にモメたあとで、あやふやなうちに元のサヤに納まるのもイタリア流か?

☆☆☆

どんなに忙しくても月に1本くらいは映画を一緒に観に行くという程度の家庭サービス心の余裕は必要ですよね。金曜の夜、仕事が終わったところで、えいっ!とパートナーを誘って見に行きましょう。

2017年10月 9日 (月)

のんびり休日

まつこです。

9月からずっと週末ごとに出勤日が入り、今日は久しぶりの休日!

Dsc_1252
[体育の日らしい秋の青空]

 

私の今日のカンペキな休日プランは・・・

うめぞう作のホットケーキで朝ごはん。そのあと一ヶ月ぶりのジムに行ってエアロビクスで汗を流す。午後はベランダで花の植え替え。

Dsc_1237effects
[エアコンの室外機の上は白いシクラメンにしました]

 

Dsc_1240
[手すりぞいは赤いシクラメンとモミジバゼラニウム]

 

猫の額みたいに狭いベランダでも季節ごとに植え替えして、ささやかなベランダ・ガーデニングを楽しんでいます。

こんなのんびりした日に作業のバックグラウンドで流す音楽はお気楽なラブソングにかぎります。今日は映画About Timeのサウンド・トラック。

[リチャード・カーティス監督のロマンティック・コメディはショートケーキのように甘くてハッピー]

 

あーあ、休日っていいわ〜、しあわせ〜・・・と思えるfeel good songsばかりです。

Dsc_1232

[これは十五夜の空]

 

夕食は軽めに野菜中心のメニューにしましょう。夜の音楽は最近、くりかえし聴いているYo-Yo Ma Plays Morricone。

[モリコーネの映画音楽をヨーヨー・マのチェロでしっとり聴かせてくれます]

この映画音楽を集めたアルバムは、癒されます。ほとんど精神安定剤。忙しくてイライラしていても、たとえ悩み事があっても、これを聞くと穏やかな気分になって、さあ、また明日からがんばろうと思えます。

のんびり気持ちの良い休日を過ごして、さ、またがんばりましょう。

2017年9月26日 (火)

どうぶつむら

まつこです。

私たちが住んでいる界隈はお寺が多く、お彼岸の時期になると人通りが増えます。近年はお彼岸以外のときも若い人や外国人の観光客が急増しました。路地の奥にある古い家を利用したカワイイ系のお店が増えています。

Dsc_0980
[ボンジュール・モジョモジョってなに?]

突然あらわれた看板の矢印の先には・・・

Dsc_0983
[忍者の気分が味わえる細い路地]

マルに「ヒ」のマークは元質屋さんを利用したギャラリー・マルヒ。蔵やタイル貼りの古めかしいキッチンのあるおもしろい建物です。

Dsc_0985
[くま、カエル、カニ、ライオン、ぶた、いぬ、うさぎ、カメなど並んでいます]

その隣のボンジュール・モジョモジョは動物パンのお店です。いろいろ並んだカワイイ動物の絵にどれにしようか悩んでも、いつも買うのは決まって「つぶあんくま」と「クリームうさぎ」。

Dsc_0992
[くまとうさぎ]

日によってカワイイときとへちゃむくれな日があるのはご愛嬌。

他にも若い人が喜びそうなお店や、古い家並みを利用した個性あるお店がいろいろあります。目立って多いのはこのモジョモジョのように動物をモチーフにしたお店です。旅するミシン店という名前からは何のお店か判明しない店もその一つ。

Dsc_1009
[ブックカバーのほかに小物も売っている]

こちらはブックカバーのお店です。店長さんが描いた動物のキャラクターが描かれています。

上野動物園からも遠くないこの界隈。パンダの赤ちゃん誕生に沸いていて、昔から老舗もパンダの誕生を祝っています。

Dsc04491_1
[マミーズのアップルパイのうえにもパンダ]

西片の坂の途中にある地味な店だったマミーズも、すっかり有名なアップルパイ専門店になり、支店も増えているようです。

大学最中が名物だった本郷三原堂も今はパンダ最中を売っています。パンダ饅頭も新発売。

Dsc_1199
[さりげなくパンダ]

求肥のはいったミニどら焼きにもパンダの刻印。

猫マニアが集うカフェやら専門店やらも多く、なにやら動物村と化しつつある谷中・千駄木・根津・本郷。散歩の途中で新デザインの動物発見が楽しい界隈です。

2017年9月22日 (金)

イタリアからの手紙

まつこです。

古いジャケットのポケットに折りたたんだ紙が入っているのに気付きました。取り出してみると手紙。「え、誰かにもらった手紙を入れ忘れちゃったのかな?」と一瞬、うろたえました。

Dsc_1210
[一瞬、古いエアログラムかと・・・]

 

開いてみたら、なんのことはない、ジャケットのメーカーのチルコロ(CIRCOLO1901)の宣伝用メッセージでした。

Dsc_1208
[イタリア語、英語、ドイツ語の3ヶ国語表記]

 

「わきに抱えてもいいし、肩に羽織ってもいい、いつでもどこでもこのジャケットを着て楽しんでね」みたいな他愛ない内容です。でも、さすがイタリアのメーカー、宣伝とはいえ演出がおしゃれです。薄紙がエアログラムみたいで、さりげないインクのシミまで印刷してあって、雰囲気出ています。

Dsc_12162

[春から夏にかけてけっこう着たジャケット。白と薄いブルーの糸をあわせたニット素材]

チルコロのジャケットは細身でシルエットがすっきりしているのですが、ニット素材なので着ていてらくちん。柔らかい印象の仕事着として重宝します。

Dsc_1213
[つい最近買ったニット・ジャケット。丈が長めなので着こなしやすそう]

イタリアブランドのCIRCOLOやSeventyを買うのはいつもの近所のセレクトショップのSORRISO。この秋冬用のCIRCOLOのジャケットもそこで買いました。今月のPreciousに同じのが掲載されていて、ちょっとうれしい。(このジャケットのポケットにも同じ手紙が入っていました。)

ほかにもあれこれ秋冬物を購入したので、早く涼しくならないかなあ・・・と、本格的な秋の到来を心待ちにしています。

2017年9月13日 (水)

デジタル・デトックス

まつこです。

あまりパッとしない天気の夏も終わり、あっというまに秋。その間、私が取り組んでいたのは「デジタル・デトックス」。パソコンやスマホの使いすぎが、体の様々な不調の原因と指摘する人は多いようです。そこで決意したのが・・・

夜8時以降はできる限りパソコン、タブレット、スマホを使わない。デジタル・デトックスです。

Dsc_1182
[ネック・レスト・タイマー]

 

画面を見続けることで首に負担がかかり、それが肩こり、不眠、ひいてはウツを引き起こす、という説もあるようです(『首は絶対にもんではいけない!』)。PCで仕事をするときには、15分に一回、30秒の休憩を取る方が良いというのを読み、専用のタイマーまで買ってしまいました。

確かにこのデジタル・デトックスを始めて以来、体調はまあまあ良いように感じています。

もっと良いのが本を読む時間が増えたこと。で、最近読んで、圧倒的に面白かったのが前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』。学生への推薦図書にまでしてしまいました。

Dsc_1181

[圧倒的なおもしろさ!]

若い研究者がフィールドワークでの苦労を描いた自伝なのですが、文章のうまさに加え、著者の研究に対する情熱がストレートに伝わってくるのがこの本の魅力です。ポスドクの身分の不安定さ、研究資金と語学力の不足など、苦労の種は尽きない研究生活ではありますが、アフリカの大地でひたすらバッタを追い求め続けるひたむきさと、その苦労をユーモラスかつドラマティックに語る話術がお見事。表紙の写真のヘンテコさにひるまずに手にとってもらいたい一冊です。

この秋はデジタル・デトックスと読書の季節にしたい・・・と思っています。

2017年8月25日 (金)

保守的であること

まつこです。

2週間ほどのケンブリッジ滞在、今回は最初から最後までトムとジュディにお世話になりました。

Dsc_1129
[出発前の最後のお手伝いは庭のラズベリー摘み]

ときどき政治の話もしますが、二人は典型的な保守派です。新聞は右寄りの『テレグラフ』、選挙は保守党、EU問題も当然のように離脱支持。「社会主義」という言葉を嫌い、数百年前の先祖がフランス系らしいということを「残念」に思っているイングランド人です。夏の最大の関心事はクリケットのイングランド・チームの試合ぶり。

しかし二人は決して、偏狭なナショナリストではありません。人種的偏見にとらわれることも決してありません。

若い頃からトムは建築家としてジンバブエ、南アフリカ、モザンビーク、パキスタン、インドネシアなどアフリカやアジアの各地で仕事をし、一家は世界各地での生活経験があります。アフリカやアジアの政治状況をいつも気にかけ、政治的混乱に無辜の民が巻き込まれることに胸を痛めています。

Wp_20170823_09_36_14_pro
[この日はグランチェスター・メドウズで犬を走らせました]

二人の様子を見ていると、「保守派」であることと「コスモポリタン」であることは両立するのだと実感します。

もちろんそこには、かつてのイギリスの帝国主義支配の歴史も深く関わっています。かつて世界を支配した国に蓄積された文化資本・社会資本が、こうした善良なる中流階級の市民を育む豊かな土壌になっているのでしょう。

しかし日々の生活はつつましく、めまぐるしく変化する消費文化とは一定の距離を置き、20年前、30年前とあまり変わらない生活習慣をごく自然に保とうとしている。その様子を見ていると、こうした保守層の持つ倫理的安定感の意義は大きいと思えてきます。

Dsc_1115
[私が泊めてもらっていた部屋。全体がアンティークっぽい]

自然の中を犬と散歩し、昼は庭仕事に精を出し、しょっちゅうティーに友人を招き、近所の人たちとの交流を大切にし、そういう日々の積み重ねの中で老いていくことを、当然のことと受け止める。そういう価値観を守ることも保守の一面なのでしょう。

滞在中は毎朝、私も二人と一緒に小一時間ほどの散歩をしました。家で見つかった一番小さい長靴は50年くらい前のかと思うほど古びていました。まだ私には大きすぎる古い長靴を履いて、草原の中をブカブカ音を立てながら歩きながら、古いものを守ることの良さを私も少し実感した気がします。新しいもの好きの私も少し保守派になったかも・・・と思う二週間の英国滞在でした。

2017年8月24日 (木)

ショーズ・コーナー

まつこです。

ロンドンからの帰り道、ハートフォードシャーのエイオット・セント・ローレンス(
Ayot St Lawrence)という小さな村にあるジョージ・バーナード・ショーの家(Shaw's Corner)に立ち寄りました。

Wp_20170820_14_59_19_pro_2
[ナショナル・トラストが管理するShaw's Corner]

バスもない不便な村なので、ウェリィン・ガーデン・シティ(Welwyn Garden City)からタクシーです。23ポンド。

Wp_20170820_14_56_17_pro
[ショーの書斎]

ロンドンで劇作家・評論家として成功しセレブリティになったあと、人々の注目から逃れるために、ロンドンの住居とは別にこの田舎の家を手に入れ、ここで過ごすようになったのだそうです。

博物館として公開されているのは家の一部だけですが、ダイニング・ルーム、寝室、書斎などの生活空間がそのまま残されているのを観れるほか、映画『ピグマリオン』で採ったアカデミー賞のトロフィーやノーベル賞、数々のアートのコレクション、ロダンが作ったショーの胸像など、見どころはたくさんあります。

Wp_20170820_15_21_00_pro
[庭の一角にある小さな執筆用の小屋]

女優のパトリック・キャンベルとの熱烈な文通を出版するにあたり、奥さんのシャーロットを気遣ってマズイ部分を大幅に削除して発表したのに、それでも奥さんがヘソを曲げてしまった、というような微笑ましい(?)エピソードも知ることができました。

庭にある3畳くらいの大きさの執筆用の小屋は、机と簡易ベッドがギリギリ入る程度の大きさです。女の生命力の強さに辟易し、高邁なる精神的世界に逃げ込みたいときに、ここに篭ったんだろうなあと想像しました。(うめぞうも、こういうの欲しいだろうなあ。)

Wp_20170820_14_05_35_pro
[『聖女ジョウン』の第2部をやっていました]

果樹園の一角ではプレイ・リーディングもやっていました。広々とした庭は気持ち良く、ピクニックを楽しんでいる家族連れもいます。のんびり読書をしている人もいます。タクシーに2時間後に迎えに来て欲しいと頼んでおきましたが、もう少し時間があってもよかったかも、と思うような気持ちの良い午後でした。

ちょっとタクシー代はかかるけれど、ロンドンからすぐに行けるオススメの場所です。

«バレンシアガ展